中国株式投資について

前回お話していたアジア株投資の中からまずは中国株式について説明させていただきます。

中国には香港・上海・深センの3つの市場があります。

香港市場には、東証に例えると一部市場のメインボード(主板)/時価総額527.9兆円とマザーズに相当するGEM(Growth Enterprise Market)/時価総額2.4兆円で構成され、取引通貨は香港ドル、市場参加者はグローバルということで外国人でも売買可能です。 最近では2016年半ばまでは上海総合と同じように動いていましたが、最近の企業業績好転見通が香港株高につながっているようで、かなり上昇しています。

上海市場にはA株(取引通貨・人民元/市場参加者・基本的に中国人/時価総額517.9兆円)とB株(取引通貨・米ドル/市場参加者・外国人も可/時価総額0.2兆円)共に主にオールドエコノミー企業。

深セン市場にはA株(取引通貨・人民元/市場参加者・基本的に中国人/時価総額367.2兆円)とB株(取引通貨・香港ドル/市場参加者・外国人も可/時価総額1.4兆円)の主にIT関連など新興ハイテク企業の比重が高いものと、創業ボード(取引通貨・人民元/市場参加者・基本的に中国人/時価総額32.9兆円)こちらはバイオ、IT関連など新興成長企業が含まれています。

以前は、香港株は中国本土の投資家は売買不可、上海・深センA株は香港の投資家は売買不可であったものが、相互取引が始まったことにより香港を通じて外国人にも上海・深センの株が売買できるようになりました。

詳細な取引条件に関しましては証券会社にお問い合わせいただくことにして、為替的にも2015年には1人民元=20円が現在16.7円前後なので、株価に為替も乗っかってくれるとおいしい話だと思います。

中でも杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)深センA株はビデオ監視機器メーカーで、私も手掛けたいと思う銘柄です。

なぜなら今から機械が”目”を持つ時代ですから、この企業がセンサ技術を持つ企業をマージしたらすごいことになるのではないかと思うからです。

パーフェクトストームになるかどうかの状況をみて、判断しようと思ってます。

アジア株セミナー

先日、証券会社の担当者からのお誘いで、アジア株セミナーに行ってきました。

自宅から徒歩圏でしたので、勉強の合間の気分転換という気持ちで、約1.5時間ほど参加してきました。

本社のアナリストでアジア担当の方のお話を、資料を見ながらお話を聞くといったもので、まぁ一般的な話でしたが、個別株に関しては具体的なお話が聞けたよかったと思います。

以前、クオンツ運用のファンドを購入したことはブログにも書いたと思いますが、未だ興味深くウオッチしています。

https://www.morningstar.co.jp/index.html (モーニングスター・アセット・マネジメント株式会社)

このサイトでは自分のポートフォリオを登録でき、パフォーマンスを確認できるのでお勧めです。

私が購入したクオンツ運用のファンドには8銘柄が組み込まれていて、構成比はそれぞれ7.7%~18.93%といったところです。

構成銘柄は国内・外のリート/株式/債券、新興国の株式/債券で、若干アグレッシブな設定にしたので、新興国のウエイトが少しだけ大きくなっています。

現在のところ全体のパフォーマンスは+2.87%...。

というのも、新興国は10%以上プラスになっているにもかかわらず、国内外のリートで平均4%ほどマイナスの運用になっているからです。

こうやって、全体的にお金がどこに流れているかを見れるのはいいかもしれませんね。

それではアジア株セミナーで取り上げられたのは中国・ベトナム・インドネシアで、個別銘柄についてもお話があったので、そのことについて私見を交えてw、次回お伝えしたいと思います。

 

 

 

パーフェクトストーム???

九州の実家から帰ってきて、こちらはすっかり秋の気配なのに驚きました。

あまり“真夏”感はないですね。

でも若宮大路は由比ガ浜へ向かう海水浴客でにぎわっています。

由比ガ浜の真ん前にあるコンビニはいつもおおにぎわいで、オフシーズンはお散歩コースなのですが、あまりの混雑に通り過ぎるだけにしていました。

でも先日、用事があってのぞいてみると、店内は大変なことに・・・。

床は砂だらけで、トイレも故障して、ドアの前にはバリケードのように箱がうずたかく積まれていました。

顔なじみの店長さんが、『この時期は大変なんですよ~。売れるというより、店内が荒れて地元の人は来なくなっちゃうし、防犯上も危険なんで、アルバイトに任せられないいんです。』 商売繁盛!と思いきや、商売って大変ですね。

ところで私自身の学習の進捗はと申しますと、最近やっていなかったレジスト関連や移動体通信の特許を実ジョブシュミレーションでやっています。

あとはプリントアウトした資料を再度読み直して、整理整頓。

そしてやっぱり相場!

パーフェクトストーム、つまり北朝鮮絡みの地政学的リスク、米国の政府機関閉鎖とデフォルトの危機が10月にやってくるという怖~いお話。

10月には米国債30年債の返済期限(償還)あるらしいんです。

9月のFOMC(連銀政策決定会議)では、利上げよりもテーパリングに舵を切るのではないかとの思惑もありますしねぇ。

30年債の償還に関しては中国が1兆1465億ドル、日本が1兆1022億ドル保有しているので、政治的な思惑で何とかなるんじゃないかなぁ、と思ってみたり・・・。

米国の債務上限(デッドシーリング)にしても上限引き上げなきゃしょうがないんじゃないの???と、考えてみたり。

いろいろ調べてみても、いろんな人がいろんなことを言っていて、混乱するのですが、自分の相場ですから、投げ出さずにやっていきます。

 

 

 

 

 

 

テンセントのコンセント

以前、証券会社の担当者から、テンセントの株を勧められたことがあります。

自分の投資スタイルとしては、基本、人口が増えている国というのが検討する際の1つの指針になるのですが、中国はあまりにも大きすぎてちょっと...。

投資の際気をつけてリサーチするのは、投資しようとする会社の経営者や研究者も重要です。 いくら技術者がそろっている有望企業でも、その研究者がヘッドハントされれば、同業他社に反撃を許すことになりますから。

テンセントは中国にある通信会社なのですが、そこのAIに中国共産党についてどう思うか質問したところ、ものすごくアンチな回答をしてコンセントを抜かれたというダジャレを聞きました。

その後、テンセントのAIはどうなったのか気になっていたところ、ロイター通信から続報が出ていて、『開発者のサイトを通じて「共産党は好きか?」と繰り返し聞くと「話題を変えませんか」と答えるそうです。』という記事を見つけました。

甥っ子は卒業後、AIを教育する部署で働いているそうなのですが、与えたデータから導き出されるであろうと自分で想像する答えをAIが出さないので、自分はもはや『ビッグデータ・シャーマン』だと言っています。

ブルームバーグではAIについてザッカーバーグ氏(フェイスブック)とマスク氏(テスラ)が討論したりと、何かと話題のAIですが、AIが目を持つ新カンブリア爆発でどうなっていくのか...。

只今、マシンビジョンを学習中!

 

 

 

 

ダウよ、今夜も上げるのか?!

以前の投稿にもあるように、8月の相場にはトラウマがあります。

ですからついついいろんな情報を手繰って、自分勝手に落ち込んだり、戦略を立てたりしてしまいます。

管理人さんごめんなさい、翻訳の勉強もやってますよ。 ちなみに今はCVに書いたのに、最近やっていなかったレジスト関連の富士フィルムの静電容量型入力装置の対訳をやって、その傍ら投資に関するリサーチをやっています。

私の最近のリサーチは、まずブルームバーグの記事をざっと見て、次にその裏を取る形です。 やはり物事は自分にフェーバーな方向で受け取りがちですから…。

ちなみにプロのトレーダーの世界でも、本人が建てた玉(買い建て、売りたての玉)は思い入れがあって切れない場合、損切りする役割の人がいると聞きました。

個人で売り買いする場合は、やはりできるだけ客観的に判断する必要があるため、できるだけたくさんの情報を集めるようにしています。 ある意味、強いて自分にアンフェーバーな情報も、です。

本日、ブルームバーグにグリーンスパン氏の記事が掲載されました。

グリーンスパン氏は、現イエレン氏の前のバーナンキ氏、の前のFRB議長です。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-08-01/OTZBZ26TTDS001

子曰く、『債券バブルの破裂』ということで、長期金利の急激な上昇により、債券・株式共に打撃を受けると警鐘を鳴らしています。

ただ他の情報を手繰ってみると、約35年に渡る金利低下が底をつけ、AI、ビッグデータ、IoTといった世界的に新しい成長の方向性を見出して株価は上昇を続けるといったものです。

現在のマーケット、すでにチキンレースになっていると思うのは私だけでしょうか?

多少傷を負っても、見極めたいと思います。

 

 

 

Amazonの決算

7月28日にAmazon第二四半期の決算が発表されました。

売上高は前年同期比25%増ということで好調でしたが、純利益がマーケティングコストの増加により大幅減になり、株価は2.48%下げています。 ここが悩みどころなんです。

2017-07-29 (4).png

900ドル前半まで押したら買おうかなぁとも思いますけど...。

みんなそう思っているから、そこまで下がらない可能性もありますよね。

米国の大統領選後、株価が下がることで利益を出すショートで待ち構えていたヘッジファンドは、どうやらEU市場に行っているそうです。

ドル/ユーロがパリティ(1ドル=1ユーロ)とはいかないまでも底をつけたと見込んで、EU市場にシフトしているんだとか...。

早めに仕込んだユニリーバは株価の変動はいまひとつですが、為替には助けられていますので、ここでヘッジファンドがロングで入ってくれると嬉しいと思っていますw

ただ、Amazon...同じ土俵にいるアリババとはちょっとカラーが違う気がしています。

同じ資金なら、例えばAmazon株10株、アリババ株なら60株買えます。 同じ上げ幅なら株数が多い方が利益が大きいです。 同じ株数で勝負すればAmazonが有利、かなぁ。

証券会社大手は年末1ドル=120円なんて言っているところもあるので、米国株を買い上がるという作戦もありです。

この時期、発表される企業決算ですが、それに伴う各社株価の大きいふれが少なくなったような気がします。

2013年にFRBが量的緩和縮小を示唆した際、金融市場が大きく動揺し、テーパータントラム(市場の癇癪、市場が動揺して、通貨下落や株価下落を引き起こす)が起こりました。

最近の運用はクオンツ系(コンピュータで大量のデータを処理し、各社開発のプログラムに基づいてポートフォリオを動かす)が増えているのか、ただ今の状態が凪なのかはわかりませんが、おとなしくなったという印象です。

翻訳の勉強も続けていますが、次男の大学入試も控えているので、投資は投資として、きっちり稼いでいきます。

 

 

ファンドでは勝てない。

今日も暑くなりそうです。

夏休み中の相場にはあまりいい思い出がないので、8月が近付くとちょっと不安になってきます。 長期保有の場合は気にしてもしょうがないと割切るしかないんですが・・・。 同じように、長いお休み中にポジションをとりたくないと考えていらっしゃる方もきっと多いのでしょう、参加者が少ないからか結構動くんですよね、しかも自分とはアンフェーバーな方向に。

特に去年1月のチャイナショック前の株価に中国株が戻りつつあり、中国の不動産バブルの話題も取りざたされているので、何かあるのではないかと気になっています。

ベトナムのポジションを減らして、個別銘柄にしようかなぁ~と考えていた矢先に、担当者から『アリババはいかがでしょう?!』とお勧めされました。 NY上場のものです。 ホントはアマゾンが欲しかったんですけど、お高すぎて手が出なかったんですが、こちらは値ごろ感が・・・ただ、もう結構上がっちゃってるしなぁ、と思ったり、クラウドや動画サイトも買収して収益を上げてるからまだ上がるかも、と思ったり・・・。 マーさんてどんな人なんだろう??? ただ米国株は結構買ってしまっているので、分散させたいとも思っています。 ガチで勝ちに行こうと思ったら個別銘柄ですよね。

6月に買ったEU圏のユニリーバ、株価は伸び悩みですが、ユーロ/円が124円台から130円前後になっているので為替に助けられています。 株価も上がってね!お願いします。

今週末は翻訳の勉強の合間に、アリババを調べよ~っと、w

 

ヘッジにならないな...。

昨日はこの暑いのに証券会社の担当者が、菓子折りを下げてご挨拶に見えました。ちょうどお願いしていた資料も一緒にお持ちいただきました...出不精の私にとっては助かります。前回お話していた『テレコムニカシ・インドネシア』がらみの、東南アジア経済、インドネシアの経済の推移と現状、展望についてのレポートです。トライアルが終わったら詳しく見てみるつもりです。以前、船社にいたときに、欧米の企業が、アジア向けの商品の製造拠点を東南アジアに移転させたりしていましたし、原油価格が安定して、コモディティが上がっていけば、資源国は面白くなるのではないかと思っています。

私の現在の資産運用のポジションは、かなりアグレッシブなスタイルで、為替がちょっと動くと数十万増減が出るかたちなので、見直しも必要になってきそうです。そこで証券会社にヒアリングシートを提出し、それに適した運用を提案してもらうかたちの商品を投入してみました。

aizawa

一口三百万からで、私は『やや積極』を選択し、組み込まれる予定の債権・株式の目論見書をもらって、その際に割と具体的に『これと、これは外してほしい。外せないならポジション少なめで』と、お願いしたのですが、『運用の状況に応じてご相談は受けさせていただきますが、元来この運用目的は様々な金融資産による国際分散投資により、価格変動リスクの低減と、幅広い収益機会の追及ですので、まずはこちらでスタートさせてください。』ということでスタートしたのですが...。ついリスクテイクしがちな性格を反省してやってみたけれども、パフォーマンスが悪い...しかもよくよく考えてみたら資産数%じゃあヘッジにならないでしょ!と自分に突っ込みを入れて、新たな運用方法を模索しています。

それにしてもマーケット動向なんて誰もホントはわかっちゃいないんだと思います。

私は基本FXは深入りしないことにしていますが、何社か口座を開いておくといろいろなニュースが配信されるので、それはみさせていただいて、日々の判断材料にしています。本日の売買戦略と銘打って午前・午後メール配信するところもあるのですが、中にはホントに外しまくっている人もいて...。『この人を信じてショートにした人ってどうなっちゃうんだろう』と思ったりもしています。深夜のワールドマーケットを1月に見たとき、アナウンサーが『○○さん、今年のマーケット、どう予想されますかぁ?』と問うと、そのアナリストが『去年もこちらの番組で予想させていただいたんですが、ひとっつも当たらなかったです。わかりませんよ!』というのを聞いたときは、すっごく笑っちゃいましたね。

現在、為替ではドル円を3枚、ロングしています。

1円動けばプラス・マイナス三万円。

自分の経済感覚として、この3枚が持ち切れなくなったら全て手仕舞しようと思ってます。

テレコムニカシ・インドネシア

真夏、到来ですね。

まぁ、夏が来ても冬が来ても変わらずにPCの前でカタカタやっている私にとっては、どんな季節がやってきてもあんまり変わらないかなぁw。

子どもたちもそれぞれにお友達と出かけたりする年齢なので、彼らが気になるのは私の財布の中身くらいのもんでしょ。ちょっと懐がさびしくなると、マッサージにやってきますからw。

おかげで私、肩こり知らずですw

今年は投資が思いのほか順調なので、もともと持っているポジションから、よりパフォーマンスの良い銘柄を探してシフトしています。

上半期のリターン、およそ700万w・・・なかなか・・・w

でも、子どもってお金かかりますからねぇ。稼げるときに稼いでおかないと。

それで今回投入した銘柄が、インドネシアのテレコムニカシ!

買ったらすぐ下がっちゃいました...。

長期保有スタンスなので、じっくり見ていくつもりです。

人口は増えている国ですし、天然資源も豊富。

携帯電話市場は若干、飽和している状態ではありますが、インドネシアルピアが最安値(?)みたいだし、IoTも絡めてまだまだ面白い展開があるのではないかと、にらむのですがどうでしょう?!

8月は毎年夏枯れ相場なので、年末にかけて楽しみに見ていこうと思います。

 

頭の中が…!

まだ翻訳で食べていけない私は、シビアにマーケットを見ています。

一日のほとんどの時間はPCの前です。

東京・香港・インド・EU・ニューヨーク、24時間動いてますもん。

特許翻訳の勉強の合間はマーケットウオッチ。

英国の総選挙待ちで動意薄。

長男、三男の入試や入学の費用、引っ越し費用、次男の予備校費から生活費、すべて投資で賄ってます。

だから情報って大事です。

レバレッジ特許翻訳講座ではいろんなことを教えていただいてます。

でも最近ちょっと危ない症状が…。

頭の中で翻訳のことや、子供たちのこと、投資のことがぐるぐると回っていて、変なことを口走っているらしいです。

コワっ…、気をつけようっと w