ウエスタン牧場

天孫降臨神話にゆかりが深い霧島にほど近いウエスタン牧場は、気軽に乗馬を楽しめる場所です。(https://www.kirishima-jouba.com/)

『古事記』によるとニニギノミコトが三種の神器をたずさえて降臨したと言われる霧島山の霊峰高千穂峰には、いつのころに立てられたか記録にはないものの、かの坂本竜馬も訪れた際に引き抜いたことを姉への手紙に記す『天の逆鉾』があります。

登山をするにはノロノロ台風通過後の不安定なお天気だったので今回は見送ることにし、昨年訪れたウエスタン牧場での乗馬を楽しむことにしました。

インストラクターが二人ついて、総勢6名(Gさんのこともあったので私は遠慮しました)で牧場の外周を約40分かけて馬でまわるもので、前回はシカに遭遇したそうですが、今回はお天気のせいか会えなかったそうです。

牧場の前庭には今年4月に生まれた仔馬と母馬がのんびり草を食んでいました。

只今、2頭が妊娠中とのことなので、来年の夏にはまた可愛らしい仔馬2頭に会えるのが楽しみです。

 

 

鎌倉花火大会

今夜は鎌倉の花火大会です。 外では景気の良い「ドン、ドドーン、パラパラパラ・・・」という音が響き渡っています。

今年は天候に恵まれて開催できてよかったです。 鎌倉の花火は由比ガ浜沖の海上で上がるため、天候不順の際は取りやめになってしまうのです。 確か一昨年は中止になりました。

子どもたちもそれぞれのお友達と約束をして、花火見物に出かけました。 三男はこの日のためにわざわざ浴衣をねだって、意気揚々と和装で出かけて行きました。 私たちのころは高校生で浴衣を着て花火見物に行くという発想自体がなかった気がします。 浴衣と言えば高校の家庭科の授業で縫わされた記憶があるのですが、着て出かけた記憶がないなぁ? 娘がお友達との待ち合わせ場所でちゃんと会えるか心配でついて行ったのですが、片道2車線の若宮大路が歩行者に開放されていて、それを埋め尽くす人の波!・・・すごかったです。

花火大会って帰りも大変なんですよね。 電車も一度に乗れないし。

鎌倉の花火大会の開催については、今年の春、一度は協賛の企業が集まらず、中止の報が流れましたが、その後開催が決定されるという流れでした。 やっぱり日本の景気はあまり良くないのかなぁ。

来年も開催できるといいねw

父のこと。

今朝、実家の母から電話がありました。父が上がり框で躓いてけがをしたそうです。

87歳の誕生日から過ぎること3日のことです。年齢の割には今でも週に1回はゴルフに出かけているほどなのですが、本人も『やっぱり歳だなぁ』と少々落ち込んでいました。大した怪我ではなかったのが幸いでした。

思い返すと、両親はけがをすることが多くなりました。

去年の夏の帰省の前日の朝、母は寝床で転んだ拍子に左手首を骨折。今年の春の大阪への旅行の3日前にも転倒して膝を打撲。年寄りになると、本当に何もないところで、普段通りに生活していてけがをするんですね。

夫婦のうちどちらかが寝込んだら老老介護。

私は、子どもたちが自立したら実家に帰ろうかなぁ・・・と思っていても、老いは待ったなしですからね。いつどうなるかわからない。

実家の両親は旅行好きで、唯一行き逃したのが中南米。写真が趣味の父はマチュピチュに行きたがっていたのですが、年齢的にツアーに参加できなくなってしまいました。そこで、次男の入試が終わったタイミングでマチュピチュ行きを提案すると、快諾。

来年の旅行を目標に健康づくり、頑張ってほしいと思います。