ダウよ、今夜も上げるのか?!

以前の投稿にもあるように、8月の相場にはトラウマがあります。

ですからついついいろんな情報を手繰って、自分勝手に落ち込んだり、戦略を立てたりしてしまいます。

管理人さんごめんなさい、翻訳の勉強もやってますよ。 ちなみに今はCVに書いたのに、最近やっていなかったレジスト関連の富士フィルムの静電容量型入力装置の対訳をやって、その傍ら投資に関するリサーチをやっています。

私の最近のリサーチは、まずブルームバーグの記事をざっと見て、次にその裏を取る形です。 やはり物事は自分にフェーバーな方向で受け取りがちですから…。

ちなみにプロのトレーダーの世界でも、本人が建てた玉(買い建て、売りたての玉)は思い入れがあって切れない場合、損切りする役割の人がいると聞きました。

個人で売り買いする場合は、やはりできるだけ客観的に判断する必要があるため、できるだけたくさんの情報を集めるようにしています。 ある意味、強いて自分にアンフェーバーな情報も、です。

本日、ブルームバーグにグリーンスパン氏の記事が掲載されました。

グリーンスパン氏は、現イエレン氏の前のバーナンキ氏、の前のFRB議長です。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-08-01/OTZBZ26TTDS001

子曰く、『債券バブルの破裂』ということで、長期金利の急激な上昇により、債券・株式共に打撃を受けると警鐘を鳴らしています。

ただ他の情報を手繰ってみると、約35年に渡る金利低下が底をつけ、AI、ビッグデータ、IoTといった世界的に新しい成長の方向性を見出して株価は上昇を続けるといったものです。

現在のマーケット、すでにチキンレースになっていると思うのは私だけでしょうか?

多少傷を負っても、見極めたいと思います。

 

 

 

“ダウよ、今夜も上げるのか?!” への2件の返信

  1. 過去のビデオでお話したと思いますが、
    特許翻訳と株式投資のハイブリッドマネタイズ手法は
    まだ誰もやっていないので、
    早く立ち上げて
    Kindle出してブランディングすると同時に
    セミナーなりやって、それでもうける手はあります。
    急いでください。
    時間との闘いです。

    1. 昨夜、帰京いたしました。
      6日間の帰省中も情報収集は怠りなく、ただ詰め込み過ぎて何から
      アウトプットするか頭の中が混沌としています。
      只今整理中!
      がんばりまーす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です