中国株式投資について

前回お話していたアジア株投資の中からまずは中国株式について説明させていただきます。

中国には香港・上海・深センの3つの市場があります。

香港市場には、東証に例えると一部市場のメインボード(主板)/時価総額527.9兆円とマザーズに相当するGEM(Growth Enterprise Market)/時価総額2.4兆円で構成され、取引通貨は香港ドル、市場参加者はグローバルということで外国人でも売買可能です。 最近では2016年半ばまでは上海総合と同じように動いていましたが、最近の企業業績好転見通が香港株高につながっているようで、かなり上昇しています。

上海市場にはA株(取引通貨・人民元/市場参加者・基本的に中国人/時価総額517.9兆円)とB株(取引通貨・米ドル/市場参加者・外国人も可/時価総額0.2兆円)共に主にオールドエコノミー企業。

深セン市場にはA株(取引通貨・人民元/市場参加者・基本的に中国人/時価総額367.2兆円)とB株(取引通貨・香港ドル/市場参加者・外国人も可/時価総額1.4兆円)の主にIT関連など新興ハイテク企業の比重が高いものと、創業ボード(取引通貨・人民元/市場参加者・基本的に中国人/時価総額32.9兆円)こちらはバイオ、IT関連など新興成長企業が含まれています。

以前は、香港株は中国本土の投資家は売買不可、上海・深センA株は香港の投資家は売買不可であったものが、相互取引が始まったことにより香港を通じて外国人にも上海・深センの株が売買できるようになりました。

詳細な取引条件に関しましては証券会社にお問い合わせいただくことにして、為替的にも2015年には1人民元=20円が現在16.7円前後なので、株価に為替も乗っかってくれるとおいしい話だと思います。

中でも杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)深センA株はビデオ監視機器メーカーで、私も手掛けたいと思う銘柄です。

なぜなら今から機械が”目”を持つ時代ですから、この企業がセンサ技術を持つ企業をマージしたらすごいことになるのではないかと思うからです。

パーフェクトストームになるかどうかの状況をみて、判断しようと思ってます。

アジア株セミナー

先日、証券会社の担当者からのお誘いで、アジア株セミナーに行ってきました。

自宅から徒歩圏でしたので、勉強の合間の気分転換という気持ちで、約1.5時間ほど参加してきました。

本社のアナリストでアジア担当の方のお話を、資料を見ながらお話を聞くといったもので、まぁ一般的な話でしたが、個別株に関しては具体的なお話が聞けたよかったと思います。

以前、クオンツ運用のファンドを購入したことはブログにも書いたと思いますが、未だ興味深くウオッチしています。

https://www.morningstar.co.jp/index.html (モーニングスター・アセット・マネジメント株式会社)

このサイトでは自分のポートフォリオを登録でき、パフォーマンスを確認できるのでお勧めです。

私が購入したクオンツ運用のファンドには8銘柄が組み込まれていて、構成比はそれぞれ7.7%~18.93%といったところです。

構成銘柄は国内・外のリート/株式/債券、新興国の株式/債券で、若干アグレッシブな設定にしたので、新興国のウエイトが少しだけ大きくなっています。

現在のところ全体のパフォーマンスは+2.87%...。

というのも、新興国は10%以上プラスになっているにもかかわらず、国内外のリートで平均4%ほどマイナスの運用になっているからです。

こうやって、全体的にお金がどこに流れているかを見れるのはいいかもしれませんね。

それではアジア株セミナーで取り上げられたのは中国・ベトナム・インドネシアで、個別銘柄についてもお話があったので、そのことについて私見を交えてw、次回お伝えしたいと思います。

 

 

 

パーフェクトストーム???

九州の実家から帰ってきて、こちらはすっかり秋の気配なのに驚きました。

あまり“真夏”感はないですね。

でも若宮大路は由比ガ浜へ向かう海水浴客でにぎわっています。

由比ガ浜の真ん前にあるコンビニはいつもおおにぎわいで、オフシーズンはお散歩コースなのですが、あまりの混雑に通り過ぎるだけにしていました。

でも先日、用事があってのぞいてみると、店内は大変なことに・・・。

床は砂だらけで、トイレも故障して、ドアの前にはバリケードのように箱がうずたかく積まれていました。

顔なじみの店長さんが、『この時期は大変なんですよ~。売れるというより、店内が荒れて地元の人は来なくなっちゃうし、防犯上も危険なんで、アルバイトに任せられないいんです。』 商売繁盛!と思いきや、商売って大変ですね。

ところで私自身の学習の進捗はと申しますと、最近やっていなかったレジスト関連や移動体通信の特許を実ジョブシュミレーションでやっています。

あとはプリントアウトした資料を再度読み直して、整理整頓。

そしてやっぱり相場!

パーフェクトストーム、つまり北朝鮮絡みの地政学的リスク、米国の政府機関閉鎖とデフォルトの危機が10月にやってくるという怖~いお話。

10月には米国債30年債の返済期限(償還)あるらしいんです。

9月のFOMC(連銀政策決定会議)では、利上げよりもテーパリングに舵を切るのではないかとの思惑もありますしねぇ。

30年債の償還に関しては中国が1兆1465億ドル、日本が1兆1022億ドル保有しているので、政治的な思惑で何とかなるんじゃないかなぁ、と思ってみたり・・・。

米国の債務上限(デッドシーリング)にしても上限引き上げなきゃしょうがないんじゃないの???と、考えてみたり。

いろいろ調べてみても、いろんな人がいろんなことを言っていて、混乱するのですが、自分の相場ですから、投げ出さずにやっていきます。

 

 

 

 

 

 

テンセントのコンセント

以前、証券会社の担当者から、テンセントの株を勧められたことがあります。

自分の投資スタイルとしては、基本、人口が増えている国というのが検討する際の1つの指針になるのですが、中国はあまりにも大きすぎてちょっと...。

投資の際気をつけてリサーチするのは、投資しようとする会社の経営者や研究者も重要です。 いくら技術者がそろっている有望企業でも、その研究者がヘッドハントされれば、同業他社に反撃を許すことになりますから。

テンセントは中国にある通信会社なのですが、そこのAIに中国共産党についてどう思うか質問したところ、ものすごくアンチな回答をしてコンセントを抜かれたというダジャレを聞きました。

その後、テンセントのAIはどうなったのか気になっていたところ、ロイター通信から続報が出ていて、『開発者のサイトを通じて「共産党は好きか?」と繰り返し聞くと「話題を変えませんか」と答えるそうです。』という記事を見つけました。

甥っ子は卒業後、AIを教育する部署で働いているそうなのですが、与えたデータから導き出されるであろうと自分で想像する答えをAIが出さないので、自分はもはや『ビッグデータ・シャーマン』だと言っています。

ブルームバーグではAIについてザッカーバーグ氏(フェイスブック)とマスク氏(テスラ)が討論したりと、何かと話題のAIですが、AIが目を持つ新カンブリア爆発でどうなっていくのか...。

只今、マシンビジョンを学習中!

 

 

 

 

ウエスタン牧場

天孫降臨神話にゆかりが深い霧島にほど近いウエスタン牧場は、気軽に乗馬を楽しめる場所です。(https://www.kirishima-jouba.com/)

『古事記』によるとニニギノミコトが三種の神器をたずさえて降臨したと言われる霧島山の霊峰高千穂峰には、いつのころに立てられたか記録にはないものの、かの坂本竜馬も訪れた際に引き抜いたことを姉への手紙に記す『天の逆鉾』があります。

登山をするにはノロノロ台風通過後の不安定なお天気だったので今回は見送ることにし、昨年訪れたウエスタン牧場での乗馬を楽しむことにしました。

インストラクターが二人ついて、総勢6名(Gさんのこともあったので私は遠慮しました)で牧場の外周を約40分かけて馬でまわるもので、前回はシカに遭遇したそうですが、今回はお天気のせいか会えなかったそうです。

牧場の前庭には今年4月に生まれた仔馬と母馬がのんびり草を食んでいました。

只今、2頭が妊娠中とのことなので、来年の夏にはまた可愛らしい仔馬2頭に会えるのが楽しみです。

 

 

ダウよ、今夜も上げるのか?!

以前の投稿にもあるように、8月の相場にはトラウマがあります。

ですからついついいろんな情報を手繰って、自分勝手に落ち込んだり、戦略を立てたりしてしまいます。

管理人さんごめんなさい、翻訳の勉強もやってますよ。 ちなみに今はCVに書いたのに、最近やっていなかったレジスト関連の富士フィルムの静電容量型入力装置の対訳をやって、その傍ら投資に関するリサーチをやっています。

私の最近のリサーチは、まずブルームバーグの記事をざっと見て、次にその裏を取る形です。 やはり物事は自分にフェーバーな方向で受け取りがちですから…。

ちなみにプロのトレーダーの世界でも、本人が建てた玉(買い建て、売りたての玉)は思い入れがあって切れない場合、損切りする役割の人がいると聞きました。

個人で売り買いする場合は、やはりできるだけ客観的に判断する必要があるため、できるだけたくさんの情報を集めるようにしています。 ある意味、強いて自分にアンフェーバーな情報も、です。

本日、ブルームバーグにグリーンスパン氏の記事が掲載されました。

グリーンスパン氏は、現イエレン氏の前のバーナンキ氏、の前のFRB議長です。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-08-01/OTZBZ26TTDS001

子曰く、『債券バブルの破裂』ということで、長期金利の急激な上昇により、債券・株式共に打撃を受けると警鐘を鳴らしています。

ただ他の情報を手繰ってみると、約35年に渡る金利低下が底をつけ、AI、ビッグデータ、IoTといった世界的に新しい成長の方向性を見出して株価は上昇を続けるといったものです。

現在のマーケット、すでにチキンレースになっていると思うのは私だけでしょうか?

多少傷を負っても、見極めたいと思います。