人感センサを調べて思ったこと

只今のところ3社の人感センサについての特許を調べてみました。

最初の1件はオムロン社の人感センサでカメラ(画像獲得装置)で得た映像を独自の画像分析とアルゴリズムによって処理し、利用するというものです。

2件目は富士通さんのリモートケアベースについてで、こちらは画像ではなく、音のセンシングで、集音された音の波形を、あるアルゴリズムに従って解析することで、監視対象の位置などに関するメタ情報を生成する装置でした。

3件目はクアルコム社のセンサについて調べてみたのですが、モバイルデバイスに光学カメラ、慣性センサや磁気コンパス、ジャイロスコープや加速度計、GNSSセンサ及び赤外線センサを搭載して、屋内でのナビゲーションを正確にするといったものでした。

3社ともそれぞれ個人を特定できる情報を含まないということと、如何に消費電力を抑えるかというところに注力して開発されているという点が共通していて興味深かったです。

最近、無痛分娩の事故で、母親が死亡し、赤ちゃんも意識が戻っていないという記事を目にしました。

お産は病気ではないけれども突発的な事故も起こり得る...そう実感したのは、長男を出産する際、普通分娩だったのですが、普通にお産が進む中、突然『赤ちゃんの心音がおかしいから』と突然お腹を押して赤ちゃんを取り出してみると、へその緒を首に巻きつけて真っ青な顔をして生まれてきたんですよ...ビックリしました。 すぐに産声を上げてくれてその後もすくすくと育ってくれたので良かったです。

今回の麻酔による事故は『くも膜下腔に麻酔薬が入っても、異変に気付きその後の注入を止めれば、全身脊椎麻酔になることはまずない。ただ、観察しなければ異変に気づけない』と他の医師の方がコメントされていました。 こういった医療の現場にこそセンサ技術の導入って必要なのではと思った次第です。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です