法テラスへ相談に...。

現在の暮らしは子ども3人と愛犬一匹のお気楽な生活です。 長男は通学時間が片道2時間に耐えられず、6月、大学の徒歩圏で一人暮らしを始めたので、我が家では居住スペースが広がり、割とゆったり生活できています。

思い起こせば別居を決意した2014年10月、子どもたちの学区もあるので、同じ市内にアパートを借りました。 実家の両親も健在で、兄も事業をしていますから、当面の生活費やアパートの保証人になってもらえたので助かりました。 DVもすごかったですし、子どもたちへの精神的な影響も考えると別居しかなかったです。 そうやって離れたところにきちんと生活する場所を設けて、将来のことを考えるしかなかったですね。 元夫は長男・次男ともちょっとしたことでけんかになっていたので、本気でけんかをしたらお互い不幸な結果になる可能性もありましたから、それだけは絶対避けたいと思っていました。

ただ子どもを連れて別居するだけでは生活は成り立ちませんから、きちんと法的に財産分与して、養育費を決めなければと思い、弁護士に相談しなければと、インターネットで探したり、市役所のDV相談窓口に相談しに行ったところ『法テラス』を紹介されました。 依頼人の収入や経済状況を調べて援助の対象となると、弁護士費用等を立て替え、無利子で月々5000円のローンを組んでくれるというので、選択の余地はありませんでした。 まずは調停から始まったのですが、元夫は一度も家庭裁判所には出廷しませんでした。 裁判所からも出廷しない理由を文書で提出するよう電話をしてもらったようなのですが、埒が明かず、結局そのまま離婚裁判となり、離婚が成立したのは2016年8月のことです。

離婚が成立したのでやっと児童扶養手当(母子家庭手当)の申請ができるようになりました。 それまでは派遣の収入と、英会話教室の収入でやり繰りをしていました。 当時、長男・次男が高校生、三男が中学生、長女が小学生でしたが、全員公立だったので、授業料の支払いがなかったのは幸いでした。 児童扶養手当を申請したところ、元夫が同じ市内に居住しているため、自宅で民生委員さんと面談するように言われました。 偽装離婚して同居し、児童扶養手当を不正受給する人がいるらしいです。 訪問する日時を打ち合わせて、私より幾分年配の女性が2人でいらっしゃいました。 家族構成や生活状況や離婚の経緯を聞かれ30分程度の面談でしたが、『良く思い切りましたね~4人も連れて。家庭内別居のような状態でも、経済的な面からなかなか踏み切れない人も多いんですよ。頑張ってくださいね。』と言って帰って行かれました。 最近のニュースを見ていると、家庭内での殺人・遺棄が多いように思います。 一歩間違っていたら、自分もそうなっていたかもしれないと思うとゾッとします。

離婚が成立したのが2016年の8月。 今度はそこから財産分与が始まりました。 事務手続きが済んだのが今年の1月です。 財産分与半分とはいきませんでしたが、ある程度の金額を分与されるべき財産と認めてもらい、法的に口座から強制執行してもらいました。 財産分与は一回の強制執行で済むのですが、養育費はその都度強制執行しなければならないそうです。(元夫に支払う意思がまったくないため)そのために、弁護士にも費用を払うのかと思うと、なんだかなぁ~面倒になってきます。 はっきり言って、バリバリ稼いで養育費なんかもらいたくない、というかもう関わりたくないという気持ちの方が強いかなぁ。 でも子どもにとっては父親ですからね。 悪いことは言えないです。 特に娘のことを思うと『普通の家族での生活を与えてあげられなくてごめんね。』という気持ちでいっぱいですが、それでも母は強く生きていかねば!