ヘッジにならないな...。

昨日はこの暑いのに証券会社の担当者が、菓子折りを下げてご挨拶に見えました。ちょうどお願いしていた資料も一緒にお持ちいただきました...出不精の私にとっては助かります。前回お話していた『テレコムニカシ・インドネシア』がらみの、東南アジア経済、インドネシアの経済の推移と現状、展望についてのレポートです。トライアルが終わったら詳しく見てみるつもりです。以前、船社にいたときに、欧米の企業が、アジア向けの商品の製造拠点を東南アジアに移転させたりしていましたし、原油価格が安定して、コモディティが上がっていけば、資源国は面白くなるのではないかと思っています。

私の現在の資産運用のポジションは、かなりアグレッシブなスタイルで、為替がちょっと動くと数十万増減が出るかたちなので、見直しも必要になってきそうです。そこで証券会社にヒアリングシートを提出し、それに適した運用を提案してもらうかたちの商品を投入してみました。

aizawa

一口三百万からで、私は『やや積極』を選択し、組み込まれる予定の債権・株式の目論見書をもらって、その際に割と具体的に『これと、これは外してほしい。外せないならポジション少なめで』と、お願いしたのですが、『運用の状況に応じてご相談は受けさせていただきますが、元来この運用目的は様々な金融資産による国際分散投資により、価格変動リスクの低減と、幅広い収益機会の追及ですので、まずはこちらでスタートさせてください。』ということでスタートしたのですが...。ついリスクテイクしがちな性格を反省してやってみたけれども、パフォーマンスが悪い...しかもよくよく考えてみたら資産数%じゃあヘッジにならないでしょ!と自分に突っ込みを入れて、新たな運用方法を模索しています。

それにしてもマーケット動向なんて誰もホントはわかっちゃいないんだと思います。

私は基本FXは深入りしないことにしていますが、何社か口座を開いておくといろいろなニュースが配信されるので、それはみさせていただいて、日々の判断材料にしています。本日の売買戦略と銘打って午前・午後メール配信するところもあるのですが、中にはホントに外しまくっている人もいて...。『この人を信じてショートにした人ってどうなっちゃうんだろう』と思ったりもしています。深夜のワールドマーケットを1月に見たとき、アナウンサーが『○○さん、今年のマーケット、どう予想されますかぁ?』と問うと、そのアナリストが『去年もこちらの番組で予想させていただいたんですが、ひとっつも当たらなかったです。わかりませんよ!』というのを聞いたときは、すっごく笑っちゃいましたね。

現在、為替ではドル円を3枚、ロングしています。

1円動けばプラス・マイナス三万円。

自分の経済感覚として、この3枚が持ち切れなくなったら全て手仕舞しようと思ってます。