父のこと。

今朝、実家の母から電話がありました。父が上がり框で躓いてけがをしたそうです。

87歳の誕生日から過ぎること3日のことです。年齢の割には今でも週に1回はゴルフに出かけているほどなのですが、本人も『やっぱり歳だなぁ』と少々落ち込んでいました。大した怪我ではなかったのが幸いでした。

思い返すと、両親はけがをすることが多くなりました。

去年の夏の帰省の前日の朝、母は寝床で転んだ拍子に左手首を骨折。今年の春の大阪への旅行の3日前にも転倒して膝を打撲。年寄りになると、本当に何もないところで、普段通りに生活していてけがをするんですね。

夫婦のうちどちらかが寝込んだら老老介護。

私は、子どもたちが自立したら実家に帰ろうかなぁ・・・と思っていても、老いは待ったなしですからね。いつどうなるかわからない。

実家の両親は旅行好きで、唯一行き逃したのが中南米。写真が趣味の父はマチュピチュに行きたがっていたのですが、年齢的にツアーに参加できなくなってしまいました。そこで、次男の入試が終わったタイミングでマチュピチュ行きを提案すると、快諾。

来年の旅行を目標に健康づくり、頑張ってほしいと思います。